アンテナ工事を業者に依頼~快適住まい応援レンジャー~

住宅

太陽を上手に使う

ソーラーパネル

エネルギー源として見る

太陽をエネルギー源と考え、現在のエネルギー源の代表格である石油と比較してみることは大切です。太陽のメリットはクリーンで無尽蔵のエネルギー源であるということです。太陽光発電は石油のように二酸化炭素を排出したり、枯渇が懸念されるといったことがありません。このため、地球温暖化やエネルギー問題への対策の中で、重要な位置を占めています。また石油は特定の地域に偏在する資源ですが、太陽光は地球上に遍在する資源です。このためエネルギーを自給できない日本では、安定供給という観点からもメリットがあります。次に他の再生可能エネルギーと比較してみます。この場合、太陽光発電のメリットは容易に利用できるということです。すべきことは、基本的に太陽光パネルを日の当たる場所に設置するだけです。可動する部分が無いので騒音が発生せず、メインテナンスも簡単です。これらのメリットにより、太陽光発電は一般のユーザーにも利用可能なエネルギー源になっているのです。

エネルギー源として使う

一般のユーザーが太陽光発電を使うメリットは、第一に電気代が節約できるということです。また電力会社は電力のピークシフトのために、昼間は高くなるものの、夜間は安くなる料金サービスを提供しています。これは昼間に発電する太陽光発電に適しており、このサービスを上手に使うことで、さらに節約することができます。また自分で使う以上の電力が得られるなら、余った電力を電気会社に売ることができます。国による再生可能エネルギーの買い取り制度により、電力会社は定められた価格と期間で、余剰電力を買い取ります。これにより、初期投資を回収した後は収入を得ることができるようになります。なお初期投資に関しては、お住まいの地域によりますが、地方自治体からの補助金も期待できます。一度、お住まいの地域の自治体が補助金を出しているか、調べて見られたらいかがでしょうか。